USBメモリやレンタルサーバーで情報を守る|情報の流れをストップ

対策をしよう

どのような種類の対策があるのか

情報を守るためには、USBメモリをUSBポートにロックしたり、ワイヤーでパソコン等に繋ぎ止めるという方法が有効でしょう。 次にUSBメモリのハードウェア的なセキュリティ対策について。 まず、書き込み時にデータを自動的に暗号化する方法。もうひとつはウィルスチェック機能です。 両者はほぼ同時に利用されることが多く、セキュリティ対策機能付きのUSBメモリに搭載されることが多いようです。 セキュリティ対策機能付きの製品は主に個人向けではなく、法人向けのものとして販売されています。

セキュリティ対策の必要性

これらのセキュリティ対策は情報の流出を防いで企業の信頼と経済的損失を防ぐためにも是非とも行う必要があるでしょう。 個人情報流出防止については政府による法的規制も行われており、企業では対策が義務付けられていることも多いと思われます。 USBメモリについては、登録されていないパソコンへの使用防止、パスワード機能やメモリ内の暗号化、未登録PCからのアクセス防御などの機能が搭載されているものが一般的です。 このような法人向けUSBメモリは、個人向けメモリに対してデザイン的な選択肢が少ないのと機能搭載のための大型化は避けられないところではありますが、現在では汎用USBメモリをUSBセキュリティメモリに変換するソフトウェアもあり、それを利用するという選択肢もあるでしょう。